興味を引く面白いコンテンツの作り方

取りあえず書かないと始まりません

必死で書く

興味を引く様な面白い文章(コンテンツ)を書いてみたい」そう思いませんか?

 

私は、元から文章を書くのが得意だったわけではありません。

 

書きたい事があっても、なかなかそれを文章に出来ませんでした。

 

上手く書こうと思えば思うほど、書けなくなってしまいますよね。

考えているうちに時間ばかりが経過してしまう事が度々でした。

 

でも、最近分かりました。

 

上手く書く必要はないし、書き始める事で頭が回り始めて、次の言葉が出てくるものなんですよね。

 

手を動かすと、頭が動き出すという感じですかね。。。でも、結局最初から書き直しになる事もありますけどね。。。(笑

 

最近はワープロソフト(「Word」など)で書くことが多いので、後から幾らでも付け加える事が出来ますし、消したり、順番を変えたり、出来ますので、考えてから書くのではなく、書き始める事が大事なんだなぁ。。。と感じています。

 

私も、ブログやフェイスブックに書き込みなどをしていますが、その他にもメルマガ、TwitterといったSNSをに記事を書いている方は多いと思いますし、それらを使ってビジネスで集客をしようとしている方も多いですよね。

 

思いついた

自分のみが読む日記ならまだしも、ブログやメルマガなどは、読んで貰ってナンボのものですよね。

 

最近、書く事自体は苦痛では無くなってきましたが、やはり、「興味を引く面白いコンテンツ」でないとなかなか読んではいただけませんから、面白いコンテンツを書くためには少し知識が必要ではないでしょうか

 

その為に私が読んだ本を紹介します。

「コンテンツ・マーケティング64の法則」とは?

コンテンツ・マーケティング

コンテンツ・マーケティング64の法則」という本は、ビジネス的な売り上げに繋がるような、オンライン記事を書くための64の法則について書いた本です。

 

実際、コンテンツ・マーケティングで直面する1番の課題は「夢中にさせるコンテンツを作れない(書けない)」事だと言われています。

 

どんなに頻回に記事を更新しても、動画を作成してYouTubeにアップロードしようと、結局そのコンテンツ自体が面白くなければ、価値がありませんよね。

 

今後私たちが、「書く」という事が得意であろうと、不得意であろうと、ブログ、フェイスブックといったSNSのみならず、職場での書類作成、資料作成、セールスコピーなど、嫌でも「書く事」を求められると思います。

 

どうせ書かなくてはいけないのであれば、「興味を引く面白いコンテンツ」を書きたいですね。

 

「コンテンツ・マーケティング64の法則」には、面白いコンテンツを書くための具体的な方法(64個の法則)が紹介されています。

 

現在沢山の文章を書いている方にも、これからたくさん文章を書かなくてはいけないのに、どの様に手を付けたらいいのか分からない人にもお役にたつと思います。

 

コンテンツ・マーケティングページ

 

コンテンツ・マーケティング64の法則